アンビットエナジージャパン1周年記念 Energize2018(エナジャイズ)に参加して感じたこと

2018年5月26日に品川のホテルでアンビットエナジージャパン1周年記念Energize2018(エナジャイズ)に参加してきました。僕はコンサルタントとして活動しているので、今回のイベントは楽しい体験となりました。

Energize 2018(エナジャイズ)とは

Energize 2018とは、全国で活躍されているコンサルタントや新規コンサルタントの親睦会です。

ジェリー トンプソン ジュニア氏(米国アンビット・エナジー共同創業者兼最高経営責任者)と、クリス チャンブレス氏(米国アンビット・エナジー共同創業者兼最高マーケティング責任者、 アンビット・エナジー・ジャパン社長)の挨拶、アメリカで活躍されているコンサルタントの話、日本で活躍されてるコンサルタントの話、景品が当たる抽選会、パフォーマンスショーなど楽しいイベントでした。途中寝てる方もいらっしゃいましたが(笑)。

今回の1周年記念で1200人以上の参加者がいましたが、コンサルタントの年齢層も幅広く20代の若い方から上は80代の方も参加されてます。コンサルタントになるためには条件がありますが、(20歳以上・学生・公務員不可など)老若男女問わずアンビットエナジーのビジネス活動ができます。

外国人のコンサルタントも多数いる中で、一人のアメリカ人と友達になりました。彼はアメリカでシニアコンサルタント(SC)のタイトルを持っているのですが、これから日本でビジネス活動をしていくそうです。逆を言えば、日本人コンサルタントもアメリカ・カナダで活動することができます。日本を飛び出して世界で活躍したい人は、アメリカ・カナダへどうぞ(笑)。

Energize 2018に参加して感じたこと

アンビットエナジーはマルチレベルマーケティング(MLM)とされる営業スタイルなので、他社のように、テレビCM・インターネット広告等を出す事はありません。コンサルタントからの営業か、アンビットエナジーを使用しているお客さまからの口コミだけで、契約件数を伸ばさないといけません。

アンビットエナジーは日本で電力会社を始めて約1年です。口コミだけの営業なので今現在の認知度が低いのは事実です。しかし、今回Energize2018に参加して感じたことは、2年後、3年後には現在の数十倍に認知度が上がるのではないかと思います。

認知度が上がると契約件数も上がるとは言いませんが、コンサルタントは仕事がしやすくなることは間違いないです。当然、認知度が上がると有名税も発生しますが、これはしょうがないですね(笑)。

最後に

現在の電力販売量(低圧)ランキングでは大手電力会社を除くと40位です。独立コンサルタントはランキングが上位になっても個人が結果を出さないと収入は増えませんが、僕の気持ちとしては、2年後、3年後の順位が楽しみです。